KATE ケイト ザ アイカラー ストロベリーミルク 現品限り一斉値下げ M102 【64%OFF!】 1.5g

KATE(ケイト) / ケイト ザ アイカラー M102 ストロベリーミルク ケイト ザ アイカラー M102 ストロベリーミルク(1.5g)【KATE(ケイト)】

ケイト,アイカラー,ザ,ザ,ストロベリーミルク(1.5g)【KATE(ケイト)】,アイカラー,ケイト,KATE(ケイト),M102,ストロベリーミルク,美容・コスメ・香水 , ベースメイク・メイクアップ , アイシャドウ,357円,ouigames.com,M102,/,/fibronuclear702991.html 357円 KATE(ケイト) / ケイト ザ アイカラー M102 ストロベリーミルク ケイト ザ アイカラー M102 ストロベリーミルク(1.5g)【KATE(ケイト)】 美容・コスメ・香水 ベースメイク・メイクアップ アイシャドウ ケイト,アイカラー,ザ,ザ,ストロベリーミルク(1.5g)【KATE(ケイト)】,アイカラー,ケイト,KATE(ケイト),M102,ストロベリーミルク,美容・コスメ・香水 , ベースメイク・メイクアップ , アイシャドウ,357円,ouigames.com,M102,/,/fibronuclear702991.html KATE ケイト ザ アイカラー ストロベリーミルク 【現品限り一斉値下げ!】 M102 1.5g KATE ケイト ザ アイカラー ストロベリーミルク 【現品限り一斉値下げ!】 M102 1.5g 357円 KATE(ケイト) / ケイト ザ アイカラー M102 ストロベリーミルク ケイト ザ アイカラー M102 ストロベリーミルク(1.5g)【KATE(ケイト)】 美容・コスメ・香水 ベースメイク・メイクアップ アイシャドウ

357円

KATE(ケイト) / ケイト ザ アイカラー M102 ストロベリーミルク ケイト ザ アイカラー M102 ストロベリーミルク(1.5g)【KATE(ケイト)】





お店TOP>化粧品>メイクアップ>アイシャドウ>パウダーアイシャドウ>ケイト ザ アイカラー M102 ストロベリーミルク (1.5g)

商品区分:化粧品

【ケイト ザ アイカラー M102 ストロベリーミルクの商品詳細】
●色・影・立体感自在。
●単色アイシャドウ。
●自分にぴったりのカラーを見つけて、組み合わせや使い方も、もっと自由に。

【使用方法】
・適量をまぶたになじませてください。

【成分】
タルク、リンゴ酸ジイソステアリル、ジメチコン、シリカ、ジエチルヘキサン酸ネオペンチルグリコール、ワセリン、ミリスチン酸亜鉛、ジステアリン酸Al、セスキイソステアリン酸ソルビタン、トコフェロール、クロルフェネシン、デヒドロ酢酸Na、(+/-)グンジョウ、マイカ、酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al、硫酸Ba、酸化スズ、ホウケイ酸(Ca/Al)、黄4、青1、赤202、赤226
【注意事項】
・傷、はれもの、湿疹等異常のあるところには使わない。
・肌に異常が生じていないかよく注意して使う。
・肌に合わない時や、使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常が出た時、また日光があたって同じような異常が出た時は使用を中止し、皮フ科医へ相談する。使い続けると症状が悪化することがある。
・目に入らないように注意し、入った時は、すぐに充分洗い流す。
・誤食等を防ぐため置き場所に注意する。
・高温となる所、直射日光のあたる場所には置かない。

【原産国】
日本

【ブランド】
KATE(ケイト)

【発売元、製造元、輸入元又は販売元】
カネボウ化粧品

リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

カネボウ化粧品
103-8210 東京都中央区日本橋茅場町1-14-10
0120-518-520

広告文責:グループ株式会社
電話:050-5577-5043

[メイクアップ/ブランド:KATE(ケイト)/]

KATE(ケイト) / ケイト ザ アイカラー M102 ストロベリーミルク ケイト ザ アイカラー M102 ストロベリーミルク(1.5g)【KATE(ケイト)】

スポンサーリンク
ロードオブザリング

ハラドの話

ハラドはシンダール語で「南」を意味し、ゴンドールやモルドールより南の地域を指します。その中で比較的北側は近ハラド、奥地は遠ハラドと呼ばれ、この地域に住む人間はハラドリムと呼ばれます。映画のペレンノール野の戦いでムマキル(オリファント)に乗って参戦し、ローハン騎馬隊と戦っていたのがハラドリムです。
ロードオブザリングゲーム

ロードオブザリング戦いの幕開け オススメ指輪スキルの上げ方

スマホアプリゲームのロードオブザリング戦いの幕開けの攻略シリーズ。本日は私が考えるオススメの指輪スキルの上げ方を紹介していきます。まず前回の初心者向け攻略記事でも書いたように、最初は資源がとにかく重要です。建設も徴兵も資源が無ければできないので、指輪スキルも資源産出重視で上げていくのをオススメします。
ロードオブザリング

リューンの話

リューンはシンダール語で「東」を意味し、中つ国の東方の土地を指します。具体的にはリューンの湖と灰色山脈より東の地域であり、この土地に住む人間は東夷と呼ばれます。東夷は長らくゴンドールと対立しており、指輪戦争でもサウロンの味方をして、ペレンノール野の戦いなどにも参戦しました。
ロードオブザリング

ロードオブザリング戦いの幕開け 初心者向け序盤攻略情報

スマホアプリゲームのロードオブザリング戦いの幕開けがリリースされまして、私も初めてみました。簡単なプレイ日記ではないですが、ある程度進めてみて、こうした方が良いというような方針もわかってきましたので、初心者向け情報ということで序盤の進め方のコツを書いていこうと思います。
ロードオブザリング

ロード・オブ・ザ・リング:戦いの幕開け スマホアプリゲームの事前登録開始

ロードオブザリングをテーマにしたスマホアプリゲーム、『ロード・オブ・ザ・リング:戦いの幕開け』が日本では4/14にリリースされるようです。事前登録をした方には、限定パックや主要キャラクターのビルボ・バギンズのアイコンがプレゼントされるそう。中つ国第三紀を舞台に一つの指輪を手に入れるために、軍隊を作り上げて領土を拡大していくストラテジーシミュレーションゲームです。
ロードオブザリング

ローハンの地理の話(エドラス、角笛城、馬鍬砦)

ローハンの王都はエドラス。白の山脈の麓、雪白川のそばにある太古の丘の上に築かれ、王の居城である黄金館が建てられました。黄金館を建造したのはローハン2代目の王ブレゴであり、第三紀2569年に完成しました。屋根が黄金で葺いてあり、柱も黄金色をした壮麗な館であるため、この名で呼ばれました。
ロードオブザリング

ゴンドール3大都市の話

ゴンドールにはオスギリアス、ミナスイシル、ミナスアノールという3つの都市がありました。最初に首都として栄えたのがオスギリアス。シンダール語で「星々の砦(Fortress of the Stars)」を意味し、大河アンドゥインに架けられた橋の上を中心としてその両岸にまたがって建造されました。
ロードオブザリング

モルドールの話

シンダール語で黒の国を意味するモルドール。サウロンはこの地に城砦バラド=ドゥーアを建造し、支配しました。またこの国にある滅びの山の火を用いて一つの指輪は作られました。モルドールはエレド・リスイ山脈とエフェル・ドゥーアス山脈という二つの山脈に囲まれた難攻不落の地です。
ロードオブザリング

裂け谷の話

中つ国におけるエルフの拠点の一つであり、エルロンドが住まう裂け谷。シンダール語では「裂け目ある深き谷間(deep valley of the cleft)」の意のイムラドリスと呼ばれます。裂け谷は力の指輪を巡るサウロンとエルフの最初の戦いによってエレギオンが荒廃したとき、ノルドール残党の避難所として、第二紀1697年にエルロンドによって築かれました。
ロードオブザリング

ホビット庄の話

ホビットがどうやって中つ国に生まれたのかは、上古の歴史にも登場していないため、はっきりしていませんが、人間の一支族であるのは間違いがないとされています。記録を遡ると第三紀の初めから中頃にかけてはアンドゥインの谷間の上流域に住んでいたことがわかっており、1050年ごろから西方への移動をはじめ、複数のルートに分かれてエリアドールに入ります。そして1300年頃にはブリー郷にその最古の居住地を築きました。
スポンサーリンク